引っ越し保険

貴重品や大切なものに限らず、荷物の搬送中に、万が一の破損や
紛失といったトラブルに備えて、必ず保険はかけておきたいもの
ですね。

引っ越し業者の場合は、損害保険会社と代理店契約を結んでいるこ
とが多く、私たちが保険会社と直接契約をしなくてもスムーズに
手続きを行える場合が殆どです^^

もしも引っ越し業者を使わない引っ越しで、大切な荷物を異動させる
場合は、引っ越し内容に合わせて保険会社に問い合わせてみましょ
う!!

保険には業者が荷物に対してかけるもの(運送業者貨物賠償責任
保険)と、荷物の持ち主がかけるもの(引越荷物運送保険)があり
ます。


■運送業者貨物賠償責任保険

引っ越し業者が輸送依頼を受けた荷物を運ぶ途中や保管中に、荷物
へ損害を与えた場合(損傷や紛失など)、業者が賠償責任を負うた
め、これに備えて加入しておく保険でうs。

通常の引っ越しでは、補償上限1,000万円程度の保険に加入してい
るため、荷物の持ち主は保険金を支払う必要はありません。

但し引っ越し業者が適切な保険に加入しているかどうかだけは、
きちんと確認しておく必要がありますよ!!

但し補償の範囲が限られているため、万が一のトラブル時に、
範囲外の補填を要求したい場合には、これ以外で個人的に保険
をかける必要があります。

<一般的な保険の補償範囲>
補償される状況
・輸送中
・車上の仮置き中
・積み込み、荷卸し中
・梱包、開梱作業中
・寒中

補償される事故
・落下などによる破損
・輸送車両の事故による衝突
・盗難
・水漏れ
・火災爆発

<保険の対象とならないもの>
・現金、商品券、株券、その他有価証券類
・金、銀など

<賠償金に上限があるもの>
どうしても運送を業者に依頼する場合は、別途特別保険をかけた方
が良い荷物です。
・宝石、宝飾品、貴金属製品
・美術品、骨董品
・電化製品の故障
・業者以外の梱包したものの破損
・生体(動物、植物など)
・生鮮食料品
・自転車
・バイク、農耕作業車など


■引越荷物運送保険

引っ越し会社はお客様の荷物に対して、何らかのトラブルが起きて
しまった時、スムーズに賠償金を出せるよう上限1,000万円程度の
保険に加入していることが殆どです。

しかし保険には補償上限があるため、依頼する業者の保険の内容
では対象外となってしまうような損失の場合、十分な補填が期待
できないことがあります…。

そのため特別に大切な荷物などがある場合には、別途保険をかけ
る必要がでてきます!!。

損害保険会社によって様々なプランがあり、また大手の業者では、
保険の代理店業務も行っているため、状況にあったプランを提案
してもらうと良いでしょう。

<運送業者貨物賠償責任保険では補填できない場合>
・高額品など、申告をしていない気持ちが破損した場合
・業者以外の梱包作業により破損した場合
・業者に過失がない事故の場合(追突など)
・業者に過失がない火災が発生した場合
・天災(地震、洪水、暴風雨など)により荷物が破損した場合

関連エントリー

 
Copyright (C) 引っ越しの手続きナビ・費用の見積もりで失敗しない! . All rights reserved