印鑑登録の手続き

印鑑登録は、住んでいる地域の市町村役場で行っていますので、
住民票が異動すると共に廃止となります。但し殆どの市町村で
廃止の手続きは特に必要なく、転出届の提出で自動的に廃止と
なります。

手続き自体は不要なのですが、それまで有効だった印鑑登録証
明書は無効となりますので、返却しておけば間違いが無く確実
でしょう。

引っ越し先で転入届を出した際に、新しく印鑑登録ができるので、
転入届を提出する際には、実印も一緒に持っていくと二度手間
を省くことができますよ。

ただ役場が混雑していない限り、印鑑登録にはそんなに時間が
かかりませんので、必要になった時に登録するという方もみえ
ますね。


■日本郵便への転居届

郵便局へ行くと転居届を行うための葉書が置いてありますので、
新住所を記入して投函しておきましょう。

この際、引っ越し間際の郵便物が届かないと困るので、転居日を
確実に記入しておくことが大切です。

日本郵便への転居届を行っておくと、1年間は旧住所宛の郵便物
を、新住所に転送して貰えるんです^^

但しあくまでも転送ですので、場合によっては余分に配達まで
の時間がかかる場合がありますので、クレジットカードの請求
書など、大事なものは予め、住所変更の手続きをしておくと良
いでしょうね。

関連エントリー

 
Copyright (C) 引っ越しの手続きナビ・費用の見積もりで失敗しない! . All rights reserved