転入届の手続き

転出届と同様に、転入届についても各種手続きについて、具体的に
説明します^^


■届出期限
転入届は、新住所に住み始めてから、14日以内に市町村役場に届け
なければなりません!!

仮に14日を過ぎてしまうと、「5万円以下の科料」を取られてしま
いますので要注意です!!

また前もって出すことが出来ませんので、うっかりミスには要注意
です。

転出届の方は引っ越しの2週間前から、引っ越しの2週間後まで、最長で
4週間も提出の猶予がありますが、転入届は実際に新住居に住み始
めてからでないと、受け付けて貰えません><

住宅ローンの手続きなどは住民票が必要になる場合がありますが、
「2週間後から住み始めます」といった形では受理して貰えません。

このようなわけで、実際の引っ越しとは関係なく、住民票の手続き
だけは、先に済ませておかなければならないケースもあるってわ
けです。


■届出者
基本的には転入する本人(世帯主)が提出します。

代理人が申請することもできますが、委任状と届出者の本人確認
書類8運転免許証、保険証など)が必要になります。

転入届の場合も、市町村毎に必要書類と委任状の記載内容が異な
る場合がありますので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。


<委任状書式例>

      委任状      平成○○年○月○日

代理人住所  ○○県○○市○○町○○番地
代理人連絡先電話番号 ○○○−○○○−○○○○
代理人氏名  ○○ ○○
代理人生年月日 昭和○○年○月○日

私は、上記の者を代理人と定め、住所の異動に関する下記一切の
権限を委任いたします。

     記

転入届に関すること
   

委任者住所 ○○県○○市○○町○○番地
委任者連絡先電話番号 ○○○−○○○−○○○○
委任者氏名  ○○ ○○ (自署・押印)
委任者生年月日 昭和○○年○月○日


■必要書類
「転出証明書」が必要です。

引っ越しは思っている以上に慌しい作業となりますので、うっかり
転出証明書を失くさないよう注意しましょう。

というのも転出証明書は、1通しか交付して貰えません><

万が一、転出証明書を紛失してしまった場合は、「転出証明書に
代わる証明書」を発行して貰えますので、転入届の提出先で相談
してみてください。

この転入届の時に、国民年金の加入手続きと、印鑑登録を一度に
済ませちゃうことができるんです♪

これらを行う必要がある場合、国民年金加入手続きなら年金手帳
を、印鑑登録なら実印を、一緒に持って行くと、手続きが一度に
できて楽チンです^^

★転居届の手続き

同じ市町村の中で引っ越しを行うことを、「転居」と言います。
この時も、勝手に転居するわけには行かず、転居届の提出が必要
になります。

但し他の市町村へ引越す場合は転出届と転入届を、別々に提出し
なければなりませんが、転居の場合は一度で済むので、少しだけ
気が楽です^^

但し転居届は、同じマンションの中で部屋が変わっただけでも、
地番が変更になりますので届け出る必要があります。

印鑑登録は、住所変更の手続きをすれば、それまでのものをその
まま利用することができますよ。


■届出期限
転入届と同じ要領になりまして、新しい住居に住み始めてから、
14日以内に市町村役場に届けなければなりません。また前もっ
て提出することも残念ながらできません><

但し転居ですから、転出届は不要になります。


■届出者
基本的には転居する本人(世帯主)が提出する必要があります。

こちらも代理人が申請することもできますが、委任状と届出者
の本人確認書類(運転免許証、保険証など)が必要です!!

市町村によっては必要書類と委任状の記載内容に、違いがある
場合がありますので、事前に電話などでも結構ですから確認を
しておいた方が無難だと思います。


■住民票
住民票とは、それぞれの市町村で作られている、住民に関する
記録のことです。国民の家族や身分関係を、公文書で明確にし
ている「戸籍」とは利用方法が違うんです。

住民票はそれぞれの市町村毎に、住民基本台帳にまとめられて
いて、現住所や家族構成の証明などに使われます。

また住民登録をすると、各市町村が取りまとめている保険や、
年金、公立学校、公共サービスの利用、選挙権などが得られる
ようになります。

もしも事情があって、遠方同士の違う市町村で二重生活をして
いたとしても、どちらかの市町村でしか住民登録をすることが
できません。

市町村ごとに公共サービスの方法や程度に差がありますので、
もしも引っ越し先をある程度選ぶゆとりがある場合は、ちょっと
でもサービスが良く、お得なところを選ぶということも、居住
地を選ぶ際のポイントになるでしょう^^

特に乳幼児医療や学校教育のレベル差は、市町村によってかな
りの差があると言われていますので、お子さんがいらっしゃる
場合はこの点も気にしたいポイントですね。

関連エントリー

引越しに関するブログと言えば激安引越し業者おまとめブログを見ておかないとアホですね(^^;

 
Copyright (C) 引っ越しの手続きナビ・費用の見積もりで失敗しない! . All rights reserved